パソコン作業の疲れた腕や手を癒し、ストレッチとリラックスで快適なデスクワーク

28歳男性 会社員の方からの質問

長時間のパソコン作業により、肩凝りが発生してしまいました。

医師からはパソコンの使用を減らすように忠告されましたが、仕事上、パソコンを使用せざるを得ません。

その間、肩凝りを緩和し、痛みを軽減する方法はありますでしょうか?

回答

パソコンをするときは、腕や手を使います
腕や手に痛みや張りなどありませんか。
手首・肘・肩関節のストレッチをしましょう。
 手首「曲げ・反らし・左右の横に倒す」動きをゆっくり数回します。
手首を回すような動きは、じん帯を緩みすぎや、体のバランスが崩れたりするので、行わないように。 
 「伸ばし・曲げ・内にねじる・外にねじる」の動きをゆゅくり数回します。
 肩関節「肩甲骨はがし」をしながら肩関節をほぐします。
肘を曲げて肩甲骨を片方ずつ前まわし方向に肩を回します
頭が前に出たり倒れないように、胸部の上に乗っかっている位置にしておきます。

 また、脱力して体を休めましょう
椅子に座った状態で、目を閉じ、腕は腿の上に乗せ、骨盤を後ろに倒し、背中を丸めてお腹をつぶし、
頭は体の真上で、上半身が前傾姿勢にならないよう鉛直に、上半身を脱力して休憩しましょう
呼吸は背中で呼吸(吸うときに背中を丸め、吐くときに背中を伸ばす動き)をして酸素を送りましょう

関連記事

  1. 頭痛薬に頼らない、首の側屈から頭痛を対策

  2. 肩こり頭痛で自宅で出来るケアは?

  3. 肩こり・首こりが酷くてどうしようもない。

  4. 肩から背中にかけて常に少なからず痛みが生じている状況です

  5. 肩こりが酷くて一ヶ月のうち半分以上は肩が痛くて辛い思いをして…

  6. 首コリ・肩凝りからの脱却!