腰痛、自宅で可能なタダでできる他の良きトレーニング方法

33歳女性 団体職員の方からの質問

今は医療事務員ですが、特養に数年間勤めていたため、腰の治療に月1通っています。
かなりの年数通っていますが、未だ30代でも痛み和らげど完治しておりませんが、一度痛めたものは完治するのか知りたいです。

暖めると良くなるので、お灸や温湿布も使い、マッサージや半身浴もしておりますが、自宅で可能なタダでできる他の良きトレーニング方法があれば、ありきたりでないものを知りたいです。

回答

「腰痛は腹筋を鍛えなさい」と言いますが、やり方が大事で逆に無理して余計に痛めたり、長く続かないですよね。
誰でもできることを試みてみましょう。

お腹の中にいる胎児のような、横寝で頭と背中や腰を丸め・膝を曲げる「丸くなる姿勢」にできますか。
腹呼吸と背中呼吸が同時にでき、肩や頭の大きいうなずき運動が出来ます。
腰痛の原因でもある全身の循環が良くなるので、慢性の肩こり、腰痛の改善に最適です。
背筋を伸ばし・胸を張る姿勢を普段からしている人は、全身の循環が滞っています。
筋肉や神経によごれた不要な酸素や栄養が溜まり、痛みを作りやすくしているのです。
丸くなる姿勢で10分程度寝てみてください。
出来ない人が多いので、無理は禁物で徐々に出来るようにしていきましょう。 

座ったときに、脚を組んだり、貧乏ゆすりをしましょう。
この行動は、自分で本能的に身体を整えている運動です。
逆に言うと、この行動をしないで我慢している人は、体が歪んで不健康になっていく人です。
人間の本能を取り戻しましょう。

「背すじを伸ばし、胸を張れ」という姿勢教育が長い間されてきました。

日本人に多いとされる肩こり、腰痛、偏頭痛は、姿勢に対するまちがった教えが原因の一つです。
昔の常識は、今は非常識なことがあります。

スポーツなどにおいて、「水は飲むな」と言われましたが、今の常識は、「水を飲みなさい」ですよね。

痛みなどの症状を取るために、まずは姿勢の意識を変えましょう。

関連記事

  1. 腰痛に悩まされています。29歳女性

  2. 慢性の肩こり・片頭痛

  3. 肩こり頭痛で自宅で出来るケアは?

  4. 骨盤のずれによる腰痛、首の痛みを感じています。

  5. 慢性的な肩こり腰痛の悩み