重量物を持ったことが原因で腰を痛めました。

36歳男性 自営業の方からの質問

仕事で重量物を持ったことが原因で腰を痛めました。
それから半年程度経ちますが、普段の生活ではほぼ痛みもなく動きに支障はないものの、
中腰の姿勢で何か作業をすると腰痛が再発し、
その後1~2日程度痛みが続きます。
私の腰は今どのような状態になっているのでしょうか?

回答

腰を痛めた時に、筋肉が偏った硬さや歪んだ状態のままではないかと思います。
重い物を持った時に、これ以上は危険と脳が判断して、筋肉を硬くする防御反応をします。
痛みは安静にしていれば、時間とともに減少していきますが、硬さや歪みが残る場合があります。

そして中腰は、腰に一番に負担をかける姿勢のため、腰の筋肉が硬い部分があったり

腰に歪みが生じていると、無理な力が加わり、痛みが出やすくなります。
痛めた時と同じ体勢になると、体が自然と痛みを回避する動きをしてしまい、痛みを誘発することもあります。

整体などで、腰の筋肉や骨格を正しい位置に戻し、また脳が痛みを覚えている記憶も消し去ることが必要です。
腰に負担をかけないような体の使い方を覚えましょう。

例として、中腰の姿勢をする時に、重心になる足(いつも立って体重を乗っける足)を後ろに、

操作する足(とっさに前に出る足)を前にずらして、膝を曲げながら股関節から体を曲げるようにしてください。
股関節から曲げると脚に負担が多くなりますが、腰は負担が軽減されます。

また、足裏が偏平足や開帳足の方は、体の衝撃の吸収が無くなり、
直接に腰や膝に過度な負担をかけるようなものなので、整体で整えましょう。

肩こり整体

関連記事

  1. 座り方が原因?腰や膝の不調を改善する正しい姿勢と動き方

  2. 腰痛の原因:検査結果に異常がなく、ストレスや疲労が関与している可能性

    腰痛の原因:検査結果に異常がなく、ストレスや疲労が関与してい…

  3. 簡単な操体法セルフケアの方法

  4. 痛みを逃がす楽な動き:操体法を試してみよう

    痛みを逃がす楽な動き:操体法を試してみよう

  5. 腰から足先にかける痛みがぶり返す原因と解決法

    腰から足先にかける痛みがぶり返す原因と解決法

  6. 座り仕事の辛い肩こりと腰痛:同時治療の可能性と治療期間について

    座り仕事の辛い肩こりと腰痛:同時治療の可能性と治療期間につい…