変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、加齢や肥満、筋力低下といった要因で膝関節の機能が低下し、関節軟骨や靭帯などの変性や断裂などの異常により炎症を起こすことで生じるとされているようです。

これには、膝関節の軟骨が加齢や肥満などといったものが原因となり、軟骨がすり減っていくことで生じる一次性変形性膝関節症と、関節リュウマチな骨折、靭帯の損傷などといった別の病気や怪我によって生じる二次性変形性膝関節症があるとのことです。

関連記事

  1. 自律神経の乱れによるふらつき

  2. 股関節痛

  3. 腰痛と椎間板ヘルニアについて

  4. スポーツ障害とは