スポーツ障害とは

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、同じ部分に繰り返し負荷がかかることによって引き起こされるスポーツ中の怪我のことをいいます。

いちどの大きな衝撃によって負う怪我はスポーツ外傷といい、スポーツ障害とは区別されています。

1か所に過度な負担がかかる部位に起こりやすいのが特徴です。

例えば野球などでは、肘を酷使するピッチャーにスポーツ障害が起こりやすいとされています。

ただし、筋力や関節な柔軟性などには個人差もあり、同じ動作を行っても平気な人もいます。

関連記事

  1. 自律神経の乱れによるふらつき

  2. 年齢とともに体が硬くなりつつある

  3. 重量物を持ったことが原因で腰を痛めました。

  4. 慢性的な肩こり腰痛の悩み

  5. 肩こり・首こりが酷くてどうしようもない。

  6. 肩の筋がおかしくなった