簡単な操体法セルフケアの方法

35歳女性 自営業の方からの質問

腰痛があるため治療院に行きたいのですが、忙しい日常生活の中でなかなか行く時間を確保することが難しい状況です。

そこで、以下の点について質問があります。

このような忙しい状況でも、家で簡単にできる腰痛を和らげるための体操はありますか?

もしそのような体操がある場合、具体的な方法を教えていただければと思います。

回答

痛みのある動きから逃げる「操体法」の簡単なセルフケアを紹介します。

1~3分でできるので、体の歪みから取っていきましょう。  

ポイントは、ゆっくりハエが逃げないようなスピード)と息を吐きながら、行います

痛い・苦しいいことをしないこと

動作を1回~3回繰り返します(それ以上は逆効果になりますので注意を!)  

楽な姿勢で上向きで寝っ転がり、足を投げ出します。

左右の足を交互に伸ばし、伸びやすい足だけをゆっくり踵を突き出すように伸ばします

3秒停止して・瞬間脱力し・5秒間ゆったりします。  

次に、膝を立てた状態にして(ひざを90度くらい)足先を持ち上げて足首を曲げます

左右どちらか楽な方を選び、ゆっくりと足先を上げていき、3秒停止、脱力して5秒ゆったりとします。  

膝を曲げた状態で、左右にゆっくりと倒して楽な方向を決めます。

膝をもとの状態から、楽な方だけをゆっくりと動かし、気持ちの良い位置に来たら3秒止めて脱力し、5秒ゆったりします。  

動きづらい方が楽に動けば歪みが取れ、痛さやだるさが取れていきます

動かすときに、体全体を使って動かすようにすると効果があがります。

寝る前、起き上がる前、休憩時、1日何度でもよいので、行ってみましょう。

うまくできるようなれば、ほかの動きもで痛みを和らげることができます。  

試してみましょう

関連記事

  1. 座り方が原因?腰や膝の不調を改善する正しい姿勢と動き方

  2. 慢性の肩こり・片頭痛

  3. 湿布が一時的な痛み緩和に留まる理由と、腰痛の根本的な解決法

    湿布が一時的な痛み緩和に留まる理由と、腰痛の根本的な解決法

  4. 腰痛、自宅で可能なタダでできる他の良きトレーニング方法

  5. 痛みを逃がす楽な動き:操体法を試してみよう

    痛みを逃がす楽な動き:操体法を試してみよう

  6. 定期的な背中と腰の痛み、湿布の生活から抜け出す方法