腰の痛み簡単なセルフケア方法と予防策

32歳男性 会社員の方からの質問

日常的に長時間デスクワークをしています。

この状況で腰の痛みや、おそらく眼精疲労に悩んでいます。

病院に行きたい気持ちはありますが、そのための時間がなかなか取れません。

せめて、目の疲れを短時間で和らげる方法を知りたいですし、症状改善に役立つ食事なども教えていただけるとありがたいです。

回答

スマホ・パソコンの社会では、仕事や日常でも皆さん悩まれる症状ですよね。

長時間、同じ姿勢を続ける状態は、体全体や心も硬直しさせてしまいます。  

頭をほぐしてみてください

意外と効果的です。

目を軽く閉じ、額と耳と後頭部をほぐしましょう。  

額は、皮膚を指先もしくは手のひらで軽く数ミリ程度持ち上げて 30秒程度保持します。

額の皮膚の動きが緩く感じたら成功です。  

その次に、軽くでよいので耳の上を持ち、上に後方へと引っ張り20程度保持します。

そして首の付け根周辺に後頭部を指先で軽く「もみもみ」と20秒程度行います。

目を開けてスッキリ感があり、腰の動きがよくなっていれば成功です。  

ポイントは、痛みを感じさせない気もしいい感じの軽さでほぐすこと。(痛みが出る強さは逆効果になります)

時間は気にせず、気持ちよさがなくなればやめて良いです。  

食事に関しては、三食分(時間はご自由に)をしっかり噛んでゆっくり食べましょう

水分は、1日の食事分の水分量を除いて、1,000~1,500㏄を一気ではなく、まんべんなく飲むようにしましょう。  

予防対策として、座る姿勢が大事です。

リラックス姿勢にすること。

なで肩・背中を丸くする姿勢の脱力姿勢をしてください(一般的にはダメて言われる姿勢)  

骨盤より前に、肩や頭や肩が出る姿勢が悪いのであって、脱力が悪いのではありません。

背中呼吸を忘れずに!だらっとした小さいお子さんを観察してみてください

関連記事

  1. 介護職のための腰痛と肩こりの予防と緩和方法

    介護職のための腰痛と肩こりの予防と緩和方法

  2. 日常生活での腰痛対策についての相談

    日常生活での腰痛対策についての相談

  3. 座り方が原因?腰や膝の不調を改善する正しい姿勢と動き方

  4. 骨盤のずれによる腰痛、首の痛みを感じています。

  5. 慢性的な肩こり腰痛の悩み

  6. 慢性の肩こり・片頭痛