腰痛の原因:検査結果に異常がなく、ストレスや疲労が関与している可能性

腰痛の原因:検査結果に異常がなく、ストレスや疲労が関与している可能性

71歳男性 無職の方からの質問

腰痛で整形外科を受診した際、検査結果に異常がなく、ストレスや疲労が原因である可能性が示唆されました。

このような腰痛の原因について教えていただけますか?

回答

腰痛になる原因は様々でこれと断定はできませんが、
腰痛は、骨盤の歪みからくる腰椎(腰の骨)の歪みで筋肉が硬くなり、神経圧迫一番多いです。
歪みは、筋肉の収縮や膨張による循環不良で痛みが出たりするので、
レントゲンでは分からない可能性の部分が多いです。
 筋肉が硬くなる可能性として、筋肉の使い過ぎで限界を超えて痛みが出たか、
ストレスなどで免疫低下による「痛みの閾値(感じやすさ)」下がって痛みが出たか可能性もあります。
 お腹が硬くなっていませんか。
痛みのない人は、お腹がとても柔らかいです。
お腹が硬いと、リンパ液の循環不良が発生してむくみとなり、痛みを感じやすくなります
 まずは、お腹を緩めることをしましょう。
上向きで寝て片方づつ膝でよいので、膝を曲げお腹に近づけて腹をつぶすようにします。
左右交互に数秒間保持していき、硬さが取れていきます
完全ではないですが、少しは痛みが軽減でれば成功です
 歪みはお腹の硬さを取ってからしていきましょう。

関連記事

  1. 肩から背中にかけて常に少なからず痛みが生じている状況です

  2. 簡単な操体法セルフケアの方法

  3. 肩こり・首こりが酷くてどうしようもない。

  4. 介護職のための腰痛と肩こりの予防と緩和方法

    介護職のための腰痛と肩こりの予防と緩和方法

  5. 重量物を持ったことが原因で腰を痛めました。

  6. 肩こり頭痛で自宅で出来るケアは?