痛みを逃がす楽な動き:操体法を試してみよう

痛みを逃がす楽な動き:操体法を試してみよう

50歳女性 主婦の方からの質問

腰痛があり、治療院に行きたいのですが、忙しくてなかなか行く時間を確保できません。
このような状況で、家で簡単にできる腰痛緩和のための体操があれば教えていただきたいです。

回答

痛みから逃げる楽な動きをすると痛みが和らぎます。
操体法をお勧めします
 例えはば、腰を曲げて痛くて、反らすと楽であるかを確認し、楽な方の動きをします
ゆっくりとハエが逃げない程度の動きをしていきます。
 何もしない姿勢から、楽である反らす動きをして痛みから逃げます
その位置を3秒程度(心地よさがなくなる程度)を保ち、瞬間脱力をします。
そしたら、痛みが出た腰を曲げる動きをしてみて、痛みが少しでも取れたか確認し
脳に認識させ、同じことを3回繰り返して、それ以上しないようにしましょう。
 また、腰の動きだけではなく、体全体で頭・手先・足先と連動させて動かすと効果が出ます
呼吸は普通にしてしてやってみてください。
 体操ではないですが、普段から腰やお腹を冷やさないことを心がけましょう

関連記事

  1. 湿布が一時的な痛み緩和に留まる理由と、腰痛の根本的な解決法

    湿布が一時的な痛み緩和に留まる理由と、腰痛の根本的な解決法

  2. 腰痛と椎間板ヘルニアについて

  3. 簡単な操体法セルフケアの方法

  4. 腰痛に悩まされています。29歳女性

  5. 慢性的な肩こり腰痛の悩み

  6. 腰痛の原因:検査結果に異常がなく、ストレスや疲労が関与している可能性

    腰痛の原因:検査結果に異常がなく、ストレスや疲労が関与してい…